kaze no okurimono

~心に太陽を 唇に歌を♪~

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

スポンサーサイト

Posted by 風おくり on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルビー

Posted by 風おくり on   0 comments   0 trackback

2月にウチのルビー(飼い犬)が亡くなりました。
去年、春くらいからあまり調子が良くなかったんです。
この夏の暑さは、厳しいかなあ~とは思って心配してたけど
涼しくなって少し元気になってきました。

けど、だんだん寒くなってきて、老犬には身にしみるだろうと
玄関で暮らすようになり、年明けにはリビングに入れてあげました。

予定外に茨城にきてから、馴れないながらそれぞれなんとか
生活してきました。(私たちは)
が、ただただ、ルビーの事はかわいそうな事をしたなあと思うのです。
私も子供たちも朝早く、帰りも遅く、ほとんどの時間をずっと一人で過ごさせました。
以前の住まいでは、近所の方々からも可愛がられ、よく家の前を通る人は
「ルビーちゃん!」って声をかけてくれて、なでてもらってました。
rub.jpg
女の子でしたが、足がスラーっと長くカッコいい子でした。
母は柴犬でしたが、父は?...洋犬なんじゃない?って(近所の方から)言われてました。
里親募集で頂いてきた子でした。



三流ドラマみたいな話ですが・・・

3月初めに合同葬儀がありまして、
出席する前日に、夢を見ました。

玄関にいつものようにルビーがいたから、

「あれ...ルビー~

そしてリビングで私の事をペロペロずっとなめてくれるんです。





会えてとっても嬉しくて嬉しくて・・・
とってもとっても泣けました。



その頃、撮った写真があんまり綺麗だったので・・・
hikari.jpg harunohikari.jpg

スポンサーサイト

アーティシャルフラワー

Posted by 風おくり on   0 comments   0 trackback

≪課題作品≫
art3月課題
           デザイン~大久保なおみ先生



アーティシャルフラワーの作品です。
クレイフラワーと違い、お花から作るわけではないのでとても手軽です。
が、逆に花材選び、色合わせがすべてです。

最近はお教室がたくさんある中で、
nao先生の花材選び、色彩感覚の素晴らしさに魅了され、
2年半ほど前からお付き合いさせて頂いています。

必ずや、この感覚が私のクレイフラワーにも役立ち、
生徒の皆さんにも良い影響があると信じて…学んでいます。





4月のアレンジ

Posted by 風おくり on   2 comments   0 trackback

えーと・・・4月から、仕事がぐ~んと増えて
通常の仕事ができない日がつづき、
5時になってから、いつもの仕事をし始めたりして 
それだけのせいじゃないと思うけど、記憶がすっぽりとんでる事があって・・・
これは、多忙のせいか、はたまた歳のせいか・・・

子供たちには、すっかり歳のせいにされ、
「母さん怖いわ~、それヤバくない?!」と・・・




春ですね~  制作もやっとな最近です
25-4-20kagoare2.jpg 25-4-20kagoare.jpg

25-4-20gakuare.jpg

happy wedding

Posted by 風おくり on   4 comments   0 trackback

T.Ychanの作品
ロイヤルブルーのドレス用ラウンドブーケ&ブートニアです。
大きめのブーケですが、背も高くスタイル抜群のYちゃんには
ピッタリだったようです。

25-3-ychzn.jpg

両親に送るお花です。
大きなカゴだったんですが、頑張りました
25-4-13ychanP.jpg

25-4-13ycnan.jpg
どちらがどちらのお色の花かごなんでしょう~

この1冊

Posted by 風おくり on   0 comments   0 trackback

今年はこの1冊からです。
また、息子に買ってもらっちゃいました

25-3月池澤夏樹


それと古~い本ですが、少し前に会社の人に
「読む?」って言われ借りました。
「中に写真が載ってる鈴木紀夫くんが大学の先輩なんだ~」
すずきのりお???誰だ???

小野田さんは、若い方も名前ぐらいはご存じだと思います。
私も小学生だったけど、テレビで放送された程度は知ってます。

昔の日本にはこんな優秀(現代とは違った意味の)な青年が
たくさんいたんだろうなあ~
それが戦争で一瞬にして貴重な命が失われたんだと思うと
嘆かわしい事です。

onoda.jpg

で、鈴木紀夫さんですが、そう、そうです!
雪男を探している冒険家ですよねえ~。
探している・・・(夢をもった言い方にしました)

へ~!小野田さんを見つけたのは鈴木紀夫さんだったんだな~と
なんか不思議な気分でした。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。