kaze no okurimono

~心に太陽を 唇に歌を♪~

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

スポンサーサイト

Posted by 風おくり on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今となっちゃ、体育会系でもなく、ギリギリ音痴でもなく?...

Posted by 風おくり on   0 comments   0 trackback

さて、ぼちぼちなんか作んなきゃ
24-1-20.jpg

今週、阪神淡路大震災から17年だそうで。
私も、あの日震度3は経験したっけな~...

昨日ラジオで「コカリナ」という楽器をウィーンで演奏している日本の皆さんの曲が流れてました。
たしか協会の黒板黒太郎さんと言う方が(←あってるかな?なんか黒が2回出てくるので
印象に残ってるから多分あってると思うけど・・・)インタビューされてました。
東北の震災にあった木で作ったコカリナだそうです。
去年「華の幹」さんで初めて聞いたコカリナの音色がラジオから流れてきました
素朴?な音色 とっても癒される~



あ~っ私の好きな曲だ!
あした~は~ま~べ~を さぁ~ま~よ~えーば・・・」
あれ?違うなあ~
これも好きだけど、これじゃなかった。
私の好きだったのはこっち↓
とーもしびぃ ふ~ぅかく きぬぬうぅ はーはぁは~」

そしたら急に昔の事がよみがえってきた。

中学の時、教育委員会のほか、学校関係者の来賓がみえて、いわゆる授業参観を
父兄だけならまだしも、教育現場の方々がご覧になるという事で
どんだけの人数だったか・・・うちの学校に集まりました。
先生にとっちゃあ、緊張の一大イベント・・・

その中の発表の一つに歌を披露する事になっていたらしく。。。
なんと、それが体育会系の私だったんです

その前に、音楽の先生が「好きな歌、歌いたい歌ある?」
っていうから「ともしび」って答えたんです。
後日「私はいいと思うんだけど、校長先生がね~」とあっさり却下。

しょうがない、校長先生の言うことにまちがいはない!私は校長先生が大好きだったしね。
なんたってこの校長43歳で校長になった県でも優秀な先生だったんですよ。
で、独唱曲「追憶」となりその日から発表の日まで、業間、昼休み、放課後毎日特訓の日々。
知ってます?「追憶」 ムズカシイ。
ってなんで私だったんだろ???

そういえばそんな私が高校に入り、選択授業でなんのとりえもなかったので
とりあえず音楽にしたんですが、音楽の先生が「月の半分は東京にいき
オペラ歌手?みたく、実力のある先生だったんだそうで。
4学期のうちの期末テスト一回は歌唱力テストだったんです。(うち4期制)
先生が「私のテストで80点とれたら文句なく「5」で、85点とれたら自信持っていいですよ
まあ、早々出しませんけど

私、見事にその先生から「85点」をもらい、音楽部の合唱コンクールに助っ人として
出させてもらった・・・という昔ばなし。

のに・・・

あれから ん十年、
昨夏、義姉に西野カナの歌ってどんなんだっけ?と聞かれたから

ありとう きみがいてくれて ほとよかったぁよー」と歌ったら、

   苦笑・・・娘に向かって「おかあさんうまいね~上手くてわからん」だって
娘も首をかしげて苦笑してました。

はあ~っ・・・マジで下手すぎる。鼻歌でも我ながら笑えるし
音痴までいってないが、音がとれない。。。んっ?これぞ音痴ていうんじゃない



スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kazeokuri4to6.blog90.fc2.com/tb.php/608-3ca9029a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。