kaze no okurimono

~心に太陽を 唇に歌を♪~

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

スポンサーサイト

Posted by 風おくり on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百田尚樹にわくわく

Posted by 風おくり on   0 comments   0 trackback

ぜひぜひお勧めです。おもしろすぎ!

こんな人がいたらお嫁さんになりたい!
・・・ではなく、
本気で男性になって、この社長の下で働きたい!

多少の脚色はあるものの、みなさんご存じ出光興産の
創業者、出光佐三さんのお話です。

24-12-17kaizoku.jpg

息子がよくアマゾンで本を購入してるんです。
ほとんどが仕事のためのわけわからん本ばかりですが、

たまに、なんか買ったげるって声かけてくれるんで、
先週これをお願いしました。
またまた百田さんの本。

えっ!1680円が2さつぅ~
いや、いや私払いますよー
当り前でしょ!
という会話はなされたものの・・・

上巻読み終わりました。
やっぱり、
百田さんって「男が惚れる男」を書かせたら№1だと思ってる私。
(私に言われてもねえ~)
百田さんも書き終えるまでに何度か泣けたと言っていたほど
出光さんはすごい方です。

百田さんは、作家さんっていうか
至って普通で、気さくでいい感じです。
イメージとちがって早口ですね。



本を読めない方も大丈夫!
すでに映画とかのオファーがあるとご本人がおっしゃっていたので
いずれ映像でご覧いただけます。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kazeokuri4to6.blog90.fc2.com/tb.php/709-ae397302
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。